新築マイホーム購入で悩まれている方必見!新築一戸建てのお役立ち情報を徹底解説!

当サイトは新築マイホーム購入で悩まれている方必見の、新築一戸建てのお役立ち情報を徹底解説しています。

これから戸建て住宅を手に入れようと考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

新築の一戸建てを購入する際に、チェックしておきたいポイントも紹介しています。

さらには新築の一戸建ての購入でもらえる、補助金・助成金に関しても触れています。

どのような補助が受けられるのかを知りたい場合におすすめのサイトです。

新築マイホーム購入で悩まれている方必見!新築一戸建てのお役立ち情報を徹底解説!

新築のマイホームを買いたいけれど、安いものではないためお役立ち情報を知って選びたいという人は多いのではないでしょうか。

いざというときに後悔しない新築一戸建て購入のためには、資産価値を考えて住宅の購入をするのがおすすめです。

直ぐ売れる新築一戸建てならば、いざというときでも安心です。

また安全性を考えた建物選びも大切になります。

耐震性や耐久性に優れた家は、安全に暮らせる可能性が高いです。

住みやすさと利便性も重視して選ぶことをおすすめします。

こんなところがおすすめ!新築一戸建てを建てるメリット

新築一戸建てを建てるメリットは、外装や内装、設備などさまざまな部分を自分たち家族の思い通りにできることです。

人それぞれかっこいいと思う家のデザインは違いますし、落ち着く内装も異なります。

建売住宅や中古住宅だとそれを実現するのが難しいのですが、新築一戸建てなら可能になります。

設備面では床暖房やジャグジーバスなど、普通の住宅には付いていないものを求めるなら新築のほうが合理的です。

建売や中古に後から設置すると、すでにあるものを壊さなければならなくなるケースが多いのです。

新築ならば設計段階から組み込めるので、無駄なく設置できます。

当たり前ですが、中古と比べて全体的に美しい点も利点です。

新しいものやきれいなものを目にすると気分が良くなる人には新築がおすすめです。

ただ気分がいいだけでなく、掃除のやりがいが出ますし、家具選びも楽しくなります。

家にいる時間が長い人ほど、生活の質の向上を実感できるでしょう。

留意しておきたい新築一戸建てを建てるデメリット

新築一戸建てを建てると決めると期待が大きくなるかもしれませんが、留意すべき点もあります。

大きな問題に発展することは少ないので、デメリットだと考える必要はありません。

まず気をつけたいのは、住宅のメンテナンスを自主的に行う必要があるということです。

新築一戸建ての完成直後はメンテナンスの必要はありませんが、10年ほどが経過すると不具合が発生する可能性があります。

具体的な対処は自分で行ってもかまいませんが、建築を依頼したハウスメーカーに相談すると安心です。

メーカーは建築したときに用いた工法や資材にくわしいため、適切な方法で改修を施してくれます。

どの程度のペースで改修が必要になるのか、設計を決めるときに相談しておくのもよいでしょう。

予算に余裕があれば、資材や塗装を充実させて品質を長期間保持させることも可能です。

不安なときは、担当のスタッフに質問すれば適切なアドバイスをくれるはずなので心配はありません。

新築一戸建てを建てる費用はざっくり計算しておこう!予算の目安

「結婚して子供が生まれたなら、新築一戸建て住宅を建てて家族仲良く暮らしたい」という願いを持っている方は多いようです。

とはいうものの新築一戸建て住宅を購入するとなると当然金銭面での準備が必要となってきますし、準備に備えて良い計画も大切です。

では、新築一戸建てを建てる際にはどのくらいの予算が必要なのでしょうか?実のところ、家の大きさや建てる場所によっても大幅に費用は異なりますが、目安としては平屋で20坪程度の大きさですと、建物だけで二千万円から建築可能ですが、2階建てで総面積が30坪程度ですと三千万円円ほどかかります。

しかし、家を建てたいとなると、建築費用に加えて土地代、外構費、内装代、引っ越し費用、税金なども準備しておかなければいけません。

もし、予算や返済などに関して詳しく知りたいというのであればプランナーに相談することで具体的な金額などを知ることが出いますのでぜひ相談されることをおすすめします。

新築一戸建てを建てて後悔したこととは?失敗例を紹介

新築一戸建て住宅を購入して、後悔をしたことがある方は意外にも沢山いらっしゃることをご存知でしょうか。

マイホームはやはりどなたでも思い描く理想が高いことが多い為に後々ちょっとしたことで公開される方も多いです。

新築一戸建ての失敗例をいくつかご紹介していきましょう。

まず、収納の数が少なすぎたという例です。

できるだけ居住スペースを確保して部屋を広くとるために収納スペースを最小限にしすぎてしまうと後からものが溢れかえってしまい、部屋が片付けられなくなることがあります。

収納の数はある程度確保された方が部屋が片付けやすくなります。

また、近年人気のリビング階段もおしゃれだったり、家族のコミュニケ―ションがとりやすかったりと魅力的ではありますが、リビングがオープンになってしまうことからエアコンが効きづらいということがあります。

近年は高気密高断熱住宅が多いのでそういった住宅を建てるだとか、建物全体を冷暖房して24時間換気を行うことができる全館空調システムを購入されることで解決することが多いです。

リビング階段にするなら後悔のないように、空調や断熱性などにこだわってみましょう。

角地に新築一戸建てを建てるメリット・デメリット

分譲住宅などで人気なのが南東側の角地です。二つ以上の方向を道路に接している土地で、それぞれの方向から光が入ってくるため新築一戸建てを建てる時などに、日当たりが良い家を作りたいという人に人気となっています。
新築一戸建てを角地に建てるメリットは、日当たりだけではなく間取りの自由度も高くなるという点が挙げられます。玄関の位置を好きな道路に面している方を選べたり、日当たりの良い方向にリビングを作れるなど暮らしやすい間取りを実現できます。
道路に面していることで、空き巣などの被害に遭いにくいため防犯対策にも有効です。資産価値も下がりにくく、売却するときに買い手が見つかりやすいのもメリットと言えます。
ただし、購入希望者が多い土地ですので土地代が、周りに比べて高くなります。分譲地で同じ面積の土地に比べると10%?20%ほど高くなる傾向にあります。ほかにも、外構工事費用が高くなってしまうなどのデメリットがあるため、それも考慮して選ぶことが大切です。

新築一戸建てを建てる際のハウスメーカーの選び方

新築一戸建ては、人生で最も高い買い物ですので、信頼性の高いハウスメーカーに建ててもらいたいものです。新築一戸建てを建てる際の、ハウスメーカーの選び方によって住み心地の良い家かどうかが決まります。
メーカーを選ぶ際によくある失敗が、知名度を優先して決めるということです。大手メーカーなら安心と考える人が多いですが、費用が高くなってしまったというケースがよくあるため注意します。工法などを考えた上で、比較検討してから選ぶことが重要です。
大手メーカーの場合、独自の工法や構造が魅力です。対して地域密着の工務店などは腕の良い職人を指定できる可能性があって、地域の気候などにあった住宅を建ててもらえるため、それぞれのメリット・デメリットをきちんと比較して選びます。
複数のメーカーから見積もりを取るというのも効果的です。一社だけではなく、複数の会社に頼むときには必須条件を決めて、自由なプランニングをしてもらうとそれぞれの特徴が分かりやすくなります。

新築一戸建てで利用する住宅ローン選びでは専門家のアドバイスが不可欠です

新築一戸建てを購入する場合は多くの人が住宅ローンを利用することになりますが、その際に注意しておくべきことがあります。住宅ローンはどれを選んでも同じというわけではなく、それぞれに特徴を持っています。
ですから、それらの特徴を理解したうえで選択しないと、最も自分に合った条件のものを選ぶことが出来ないということです。それぞれの違いはいろんな面にあります。取り扱っている金融機関も様々でメガバンクと呼ばれている大きな銀行から、比較的小規模の信用金庫に至るまで幅が広いです。金利に関しても違いがあり、返済完了まで全く金利が変わらないタイプのものから、市場金利の動向に合わせて変化するタイプのものまであります。一概にどちらが得とは言えないないので、選択する場合は、選択時の自分自身や市場の状況などを加味して判断することになります。これらの点から見て、新築一戸建ての購入では金融機関の担当者などの金融のプロの意見を訊くことも重要なことです。

ハウスメーカーで新築一戸建てを買うならば、住宅展示場に行きましょう

ハウスメーカーの多くは住宅展示場を設けています。自社だけの展示場を持っているところや、数社、場合によっては数十社が集まって展示場にしているところもあります。
住宅展示場ではただデザインを確認するだけではありません。工法や設備についてメーカーの営業マンから説明を受けることができます。会社によりますが、見学ツアーという形で一部屋ずつまわりながら説明を受けられるのです。見学ツアーに参加したメーカーの住宅だけでなく、新築一戸建て全体に詳しくなれる点が魅力です。
多くの新築一戸建てに採用されているユニットバスなどを、自分の目で確かめられるのです。現在はすぐに水が流れて乾くからカビが出にくい床などがあります。その性能をカタログや動画で見るだけでなく、実際に水を流して確認できるのです。
見学ツアーに参加すると金券を配っているメーカーもあります。ただ話を聞いているだけで、2千円から5千円ほどのギフトカードがもらえるのです。すでに新築一戸建ての購入を決めているのであれば、見逃せないところでしょう。

新築一戸建て住宅購入のための家計診断のポイントとは

マイホームの購入は人生最大のイベントの一つであり、事前に慎重にマネープランを構築することが肝心です。
特に新築一戸建ては価格が割高なので、住宅ローンを活用することも多いです。したがって無理のない範囲で借り入れる必要があり、家計診断をしたうえで適正な金額を把握する必要があります。ファイナンシャルプランナーのサービスを活用すると、ローンを活用した場合の月々の返済額を知ることができます。一方で共働きで比較的収入が多い世帯でも、子供の成長に伴って月々の消費支出が増えます。そのために新築一戸建て住宅の購入に向けて家計診断をするときには、今後の教育費などの支出も考えてシミュレーションするべきです。そして低金利の住宅ローンを活用することが、月々の支払額の削減にもつながります。様々な金融機関の住宅ローンの諸条件を調べると、最適な借入先を選べます。将来的なリスクも考えて保険の契約内容も再確認するのが、新築一戸建てを買う場合のポイントです。

新築一戸建てに関する情報サイト
新築一戸建てのチェックすべきポイント

当サイトは新築マイホーム購入で悩まれている方必見の、新築一戸建てのお役立ち情報を徹底解説しています。
これから戸建て住宅を手に入れようと考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。
新築の一戸建てを購入する際に、チェックしておきたいポイントも紹介しています。
さらには新築の一戸建ての購入でもらえる、補助金・助成金に関しても触れています。
どのような補助が受けられるのかを知りたい場合におすすめのサイトです。

Search